国内で外国人と結婚する場合の手続き

国際結婚をするときに最初にぶつかる壁が、書類手続きです。あらかじめ手順や必要なものを知っていないと、余計に時間がかかってしまい、かなり面倒になります。
今回は日本国内で外国人と結婚する場合の手続きについて紹介します。

国際結婚に必要な書類

国際結婚を日本国内でする際には、必要になる書類がいくつかあります。申請してから受け取るまでに時間がかかるものが多いので、書類を揃えてから手続きをはじめましょう。

  • 婚姻届書

国際結婚に限らず、結婚をするときには必ず必要になる書類です。婚姻届書を区市町村で受理されることで、婚姻が証明されます。当たり前ですが、結婚する両名の署名と捺印が必要になります。

  • 戸籍謄本

本籍地以外に婚姻届書を提出するときに、合わせて提出する必要があります。

  • パスポート

パートナーが日本にいる場合に、国籍や身元などを証明するときに必要です。

  • 婚姻要件具備証明書

パートナーが結婚することが本国(国籍のある国)の法律上の問題なく、結婚するための要件を備えていることを証明する書類です。
婚姻届書に添付して区市町村に提出します。

これらはあくまで基本的に必要な書類です。区市町村によって制度が異なり、必要な書類にも差異があるので、戸籍担当の職員に確認をとるようにしましょう。

婚姻要件具備証明書

婚姻要件具備証明書はかなり厄介な書類で、国によっては発行されない可能性や、交付申請方法にも違いがあります。婚姻要件具備証明書を受け取るために「出生証明書」、「独身証明書」、「宣誓供述書」などの書類が必要になるので、場合によってはかなり時間がかかります。
また、書類には翻訳者を明らかにした翻訳が必要になります。これらのポイントを含めて、相手の国の在日大使館や領事館に問い合わせて、書類に不備のないようにしましょう。

書類をそろえた後の手続き

書類が無事に揃ったら、不備のないことを確認して提出します。必要とされる書類には有効期限が決まっているので、有効期間内であることも確認してから提出しましょう。無事に受理された場合は「婚姻届受理証明書」を発行してもらうことができ、相手の国の大使館や領事館に結婚したことを届け出る際に必要になるので、発行してもらいましょう。
区市町村の役場で判断が困難である、法的な要件を満たしていないとされた場合は、「受理伺い」となります。書類は法務局の預かりとなり、正式に受理されるまでに1~3ヶ月ほどの時間がかかります。この間2人には、要件に不備がないなどを確認するために法務局からの聞き取り調査が行われます。問題が特になければ受理されます。

不受理になった場合

書類に問題あったなどの理由で「不受理」の扱いとなった場合には、「不受理証明書」を発行して、今後について検討します。市区町村役場や法務局の取扱いに不服ある際は、家庭裁判所に不服申し立てをすることができます。

相手の国へ申請する

日本での手続きが無事に完了し、婚姻届受理証明書を発行してもらったら、婚姻届受理証明書を含めた必要な書類を揃えて相手の国の在日大使館・領事館に提出します。相手の国の大使館・領事館にも無事に受理され、相手の国の婚姻届受理証明書を発行してもらえば、相手の国での手続きも終了し、双方の国で結婚したことが証明されたことになります。

おわりに

今回は日本国内で外国人と結婚する場合の手続きについて紹介しました。国際結婚での最初の障害といわれるだけあって、かなり複雑です。誤解や書類の不備、手続きをスムーズに終わらせるためにも役所、大使館・領事館への必要な書類の確認は徹底しましょう。