気をつけよう!日本人のこんなところが嫌われる

アニメや和食などの日本の文化が高い評価を受け、日本人に好意的な外国人が多い一方、日本人が嫌われるポイントがあるそうです。外国人とお付き合いをしようとしていくうえでは、気をつけなければいけません。
今回は日本人の嫌われるポイントについて紹介します。

User扱いする

「User」は「都合のいい人」を表す英語です。日本に来た外国人の多くは、街で日本人に英語で話しかけられることがあるそうです。しかし、その中には「英語を練習するために外国人に話しかける」目的の人が少なからずいるそうです。外国人からしてみれば、遠路はるばる日本まで観光や仕事でやってきたのに、ただ英語で会話したいだけの人の相手をしなければいけないのは、苦痛や疲労を感じます。
日本人もそこまで悪気はないのかもしれませんが、知らないうちに外国人を「User」扱いしていることがあり、大変失礼です。どうしても外国人と話したいなら、国際交流パーティや外国人講師のいる英会話教室に参加するなど、工夫をしましょう。

外国人は日本語ができないと思う

日本語は日本でしか使われていない言語で、世界的にみても習得が難しい部類の言語です。そのため、外国人が日本語をわからないと思うのも無理はないのかもしれません。ですが、世界の日本語学習は年々増加していて、せっかく日本にきたから日本語を話したいと考えている外国人もいます。道を聞かれたときに、外国人がたどたどしくても日本語で話しかけてきたときは、わかりやすい日本語で返すようにしましょう。

失礼な英語を使ってしまう

英語での敬語や丁寧なニュアンスを伝えるのは難しく、知らないうちに失礼な言葉遣いになってしまっていることがあります。よく何かを尋ねるときに「Can you ~?」を使ってしまいますが、「Can you」は外国人に高圧的な印象を与えます。質問をするときは「Can」を使うのは避けて、柔らかい言い方ができるようにしましょう。
こういった、知らないうちに失礼にあたる英語を使ってしまっていることは意外と多いので、丁寧な言い回しを一度調べてみることをおすすめします。

ネガティブ

日本の文化は海外から高い評価を受けています。和食のユネスコの無形文化遺産に登録されたのが記憶に新しいのではないでしょうか。その一方で、日本人のお国柄として、自分を卑下しすぎる傾向があります。外国人からすると、日本人の遠慮や謙虚さは度を越していて、ネガティブな人が多い印象を受けるそうです。常に自信満々でいるのも気が引けますが、日本の文化や技術に誇りをもって、堂々としてもいいのではないでしょうか。

感情が分かりにくい

日本人は会話の中であまり強い言葉やジェスチャーを使って会話をしないため、外国人からは感情が読み取りにくいと思われがちです。YESかNOではなく、曖昧な表現を使うことが多いので、めんどくさいと感じることもあります。日本人独特の空気を読むことや、相手の感情を推し量ることはなかなか理解しがたいものなので、外国人と接するときは自分の意見をしっかり持つようにしましょう。

マナーの違い

日本ではお店に入るときに、店員から挨拶されても返事をすることはなかなかありません。外国ではスーパーやコンビニなどに入るときに店員に必ず挨拶をします。こういったマナーの違いは知らないと対応できませんが、嫌われるポイントになることもあります。

おわりに

今回は日本人の嫌われるポイントについて紹介しました。私たち日本人の尺度や考え方では問題ないことでも、外国人にとっては失礼になったり、理解しにくかったりします。外国人と付き合っていくうえで、こういった考え方の相違は問題になることもあるので、きちんと説明するか改善するようしましょう。