国際結婚のメリットとデメリット

最近では馴染みがでてきた国際結婚ですが、メリットや憧ればかりに目がいって、デメリットを把握していない人は以外と多いのではないでしょうか。外国人男性との国際結婚には、知らないと後悔してしまうほどの苦労がたくさんあります。今回は国際結婚のメリットとデメリットについて紹介します。

国際結婚のメリット

多くの人が憧れるだけあって、国際結婚のメリットはたくさんあります。外国人と親密になったときは意識してみましょう。

言語を習得する意欲が湧く

外国人との国際結婚を考えると、それまで以上に深い問題や悩みを相談する機会が増えます。そういった問題を話し合う際に、お互いに共通で使える言語があるとスムーズに自分の意図を伝えることができます。相手に日本語を覚えてもらうのもいいかもしれませんが、日本語は習得が難しい言語なので、自分が相手の母国語を教えてもらうほうが早いかもしれません。相手とより深い内容を話し合いたいというのは、言語学習が最大限に湧いてくる動機です。
相手の母国語を習得すれば、帰省した際に相手の両親ともそつなく会話できるため、好感がもたれやすいです。相手の母国語を覚えて、コミュニケーションを充実させましょう。

帰省

パートナーの帰省に同行することが海外旅行になります。相手の両親と特に問題がなければ、寝泊りするためにわざわざホテルをとる必要ないため、経済的にもありがたいといえます。お祭りやイベントの時期に帰省できれば、外国ならではの文化を体験することもできます。

愛情表現

外国人は日本人とは違った愛情表現をします。人前でも恥ずかしげもなくキスやハグをしたり、常にレディファーストを意識していたりと、様々です。国際結婚をするうえで、一番大きなポイントになるかもしれません。

国際結婚のデメリット

国際結婚は離婚率が高いといわれているだけあって、デメリットも多いです。国際結婚に憧れている人はしっかりとデメリットも理解しましょう。

手続きが面倒

日本人同士であれば婚姻届けを役所に提出するだけですが、国際結婚ではそうはいきません。まず、外国に移り住む場合はビザの申請手続きがあります。ビザにも「移民ビザ」、「婚約者ビザ」などの種類があり、それぞれ申請の仕方が違ったり、時間がかかったりするため大変です。永住権も含めると時間とお金はかなり必要になるため、注意しましょう。また、相手に日本で住んでもらうときも同様なので、国際結婚の最初の問題は書類関係といっても過言ではありません。

帰省

帰省はメリットでもありますが、デメリットにもなりえます。帰省する時期が飛行機第が高い時期だと、かなり出費になってしまうことがあります。日本から直行便がなかったり、大都市から離れていたりすると乗り換えも必要にがなるため、時間もかかってしまいます。
また、時差や気候のズレ、相手方の両親との関係性など、帰省の際には気にしなければいけない問題がたくさんあります。国際結婚を考える際は特に留意しておきましょう。

言語の壁

国際結婚がうまくいかなくなる理由として意思疎通がとれない、というものがあります。自分の意図が相手に伝わらず、相手が言いたいことが伝わってこないので、お互いにイライラすることが多くなり、国際結婚したことを後悔するようになります。夫婦円満のためにも、言語の習得は大切です。

文化の違い

相手の国の文化や風習などを受け入れられるかどうかは大切な問題です。日本人からは到底受け入れられないような文化を持っている国もあるので、外国人と親密になったときは一度その国の文化を調べてみましょう。
また、日本ではあまり意識する機会はありますせんが、宗教に熱心な国や地域の出身の人も注意が必要です。宗教は生活に根差したものが多いので注意が必要です。

おわりに

今回は国際結婚のメリットとデメリットについて紹介しました。国際結婚に憧れる人が多い一方で、離婚率が高いのも事実です。デメリットがあるということを忘れずに意中の外国人との仲を深めていきましょう。